かわさき眼科

〒562-0012 大阪府箕面市白島1丁目2番15号 ラポール白島1F
【ご予約・お問い合わせ】
WEB問合せ WEB予約
お電話でお問い合わせはこちら

白内障とは、水晶体が年齢とともに白く濁って視力が低下する病気です。 水晶体とは、目の中でカメラのレンズのようなはたらきをする組織で、外からの光を集めてピントを合わせるはたらきを持っています。 通常は透明な組織ですが、白内障では白く濁ってしまうため、集めた光がうまく眼底に届かなくなり、次のような症状が引き起こされます

白内障の症状

●視界が全体的にかすむ
●視力が低下する
●暗いときと明るいときで見え方が違う
●光をまぶしく感じる

白内障の原因

水晶体は主にたんぱく質と水でできています。たんぱく質は、加齢や、長年にわたる紫外線曝露など、さまざまな影響を受けて、だんだんと変化し白く濁ります。その結果、水晶体全体が濁り、視力の低下を招くことになります。 白内障はさまざまな原因で起こりますが、最も多いのは加齢によるものであり、これを「加齢性白内障」と呼んでいます。個人差がありますが、誰でも年をとるにつれ、水晶体は濁ってきます。加齢性白内障は一種の老化現象ですから、高年齢の人ほど多く発症します。 また、加齢以外にもぶどう膜炎、糖尿病、アトピー性皮膚炎、外傷、長期のステロイド使用により起こる場合もあります。

検査

・視力検査
・細隙灯顕微鏡検査(さいげきとうけんびきょうけんさ)

治療

早期の場合は、進行を遅らせる可能性のある点眼治療がありますが、治療の基本は手術となります。有効な治療法は手術のみで、 濁った水晶体を吸い出して人工のレンズを挿入します。 手術が必要であると判断し、当院での治療が困難な場合には、大阪大学医学部附属病院・箕面市立病院、またはお近くのクリニックなどへご紹介させていただきます。手術後の診察などは当院で引き続きさせていただくことは可能です。


診療スケジュール


診療受付時間日・祝
午前診
9:00~12:00
午後診
15:30~18:30


※土曜日:9時30分~12時30分
※休診日:水曜日午後、土曜日午後、日曜・祝日
※社保・国保 各種保険取り扱い

●初めてコンタクトを装用される方は、検査・装用練習にお時間がかかりますので、
午前は11:00まで、午後は17:30までにご来院ください。
●【初診の方へ】こちらの問診票を印刷し、ご持参いただけます。
あらかじめご自宅でゆっくり落ち着いてご記入頂けます。